カリキュラムの開発について

 

小学校英語活動
英語に触れることは、コミュニケーション能力を育てる上でも、国際理解を深める上でも大変重要な体験になります。「英語活動」そのものが異文化に触れる体験となり、さらに外国の人や文化にかかわろうとするとき手段として、英語を活用しようとする態度を育成することにつながります。
すなわち、言語習得を主な目的とするのではなく、興味・関心や意欲の育成をねらうことが重要であると考えます。
・興味・関心や意欲の育成を目指す 子どもの日常生活の中の身近な英語を扱うことに重点を置き、
楽しさの中に英語に慣れ親しむことができるように工夫することが大切です。
・音声を中心とした活動 英語の文字と音声を同時に媒体として意思の伝達を図ろうとすることは、
小学校の子どもにとっては負担が大き過ぎて、英語嫌いを生み出すことにつながることがあります。
このことから、小学校の英語活動においては身近で簡単な英語を聞いたり、
話したりする活動を中心に行います。
・ 活動内容 実際の体験や疑似体験を通して英語に親しんでいくような配慮が必要です。
英語活動は体験的な活動として展開されることから、じっと座ったままではなく、
子どもが実際に身体を動かしながら、英語を聞いたり話したりするような活動を作ることが
大切です。
さらに、挨拶や歌、ゲームなど子どもが自然に英語で話せるような活動が望ましいと考えます。
日本人が国際社会の中で活躍する際に下記の事項がいつも問題になります。
ALT講師の役割
自然なコミュニケーションの場の提供
・ 発音・アクセント・イントネーションなどの音声面の指導
・ 小道具を使ってのアクティビティ ・ 会話・スキット・ロールプレイ
・英語を使って表現することの楽しさを生徒に体感させます。

小学校における英語教育において、自然なコミュニケーションのサンプルを提供する上でALT(ネイティブスピーカー)の存在意義は大変大きなものです。 担任教師が主導権を執り、クラス運営を行い、ALTがモチベーションがけなどの補助を提供することが望ましいと考えます。例えば、学習した表現をアクティビィティを通じて確認する際に、表現の復習をALTと行い、アクティビィティの説明を担任の先生が行い、例をALTが見せるといった役割を果たすことが肝心だと考えます。

小学校英語活動において配慮すべきこと
①小中連携のカリキュラム現状多くの小学校英語活動では、小学校と中学校で学ぶ英語の関連性は少ないと言わざるをえません。今後は小中連携カリキュラムの中に小学校で行う内容と中学校で行う内容を関連づけ、一貫性のある指導体制を行うことが望ましいと考えます。これは現状の中学校の英語をそのまま、小学校に下ろすといった、いわゆる中学校英語の先取りという意味合いのものではありません。
②音声中心英語と日本語の音声の構造は大きく異なるため、耳の敏感な児童期に英語を多く聞かせる指導は有効です。その手法とは、歌やチャンツがありますが、気をつけたいのは児童の年齢や発達段階を考慮した歌やチャンツの選定が望まれます。現状の小学校英語活動においては、音声と文字を切り離し、音声中心の指導を推奨している向きがありますが、身の回りに書かれている英語に興味を示す生徒がいる現状を鑑み、文字に興味・関心をもつ中学年・高学年に対しては、段階的に指導していきます。また、文字と綴りの関係を扱うフォニックスの手法を取入れたり、簡単な歌の歌詞を見せながら歌を歌うことに大きな問題はないと考えます。しかしながら、それを書かせたり、テストしたりといった中学校の授業のような形で扱うことは避けなければなりません。
③実世界とリンクのある題材子どもの日常生活における身の回りにある身近な題材を選ぶことが大切です。例えば、動物の話題を選択した場合、動物の名前だけを指導するだけでは子どもの興味をひくことが難しくなります。”I like~.”“I don’t like~.”という汎用性の高い表現を導入することで、生徒自身の意思表示が可能となり、子どもの満足度は上がります。この際、”I like cats.” “I like dogs.”といった単純なドリル練習だけを行うことがありますが、これで十分とは言えません。生徒の中には、「猫」「犬」が嫌いな子がいるかもしれません。自分の意思に反する言語活動では、不満が残ります。その後、生徒個人が好きな動物を言わせることで、実世界とリンクができ、言語活動が意味のあるものとなります。
④異文化理解の要素言語としての英語を取り上げることで、その活動そのものが「異文化理解」に直結します。発音の違い、語順の違い、数字の言い方、挨拶の仕方などを通して、子どもは英語の「おもしろさ」に気づいていきます。「青信号」と日本語で言いますが、英語では”Green signal”と言います。英語圏の児童にお日様を描かせると「黄色」、日本では「赤もしくは橙色」といった文化事象を授業の中に盛り込むことは、子どもの興味・関心、異文化を理解しようとする姿勢を育てる上で重要なことです。
中学校英語活動
①少人数クラス設定でのより実践的な会話練習
②英検などを視野に入れたリスニングトレーニング
③シチュエーションプラクティス状況・場面練習
(その場面においてのサバイバルイングリッシュを練習する)
これは短期留学及び海外交流活動研修などにすぐ役立てる
④ペア、グループ、全体で行うアクティビティ
⑤English Playをクラス毎に練習する(表現力の発達を促す方法)
⑥Recitation→イントネーション、発音の練習に良いスピーキングテスト用に役立つ
⑦生徒参加型・劇場型の機会の創出中学校で学習した知識を会話として表現できる場を多く持たせることが重要であると考えます。また、その結果、子供たちが興味を持ち、楽しく表現力を身につけられると考えます。具体的な手法としては

1.スキット(朗読)

2.ロールプレイ

3.ディクテーション

4.スピーチ

5.ドラマ

⑧コミュニケーションクラス(実践的英語指導のクラス)

弊社は都内の某区において過去数年間、実際にコミュニケーションクラスを実施しております。  従来の日本人教員のT.T.もしくはアシスタント型の授業内容とは異なり、ALTが主体となり、授業を引っ張っていく方法です。教科書から離れ、英語をコミュニケーションのツールとして生徒が使いこなせるように指導するクラスがコミュニケーションクラスです。

⑨生徒の英語を学ぶ意欲が高まるような教育プログラム

【生徒たちが英語を使っていかに楽しく自分を表現するか】を指導基準に授業を行います。授業の導入部分はまず生徒が楽しく感じること・興味を持つことから始めています。中学生は恥ずかしさを感じる年頃ですので、活動的なことよりも知的興味を抱かせるアクティビティを用意しています。カード・小道具を使っての先生との会話・知的ゲーム/英語の歌(ポップソング)を皆で聞く/一緒に歌う/講師による詩・物語の朗読・感想の発表など、楽しい内容を数多く取り揃えています。

⑩会話表現力・コミュニケーション技術の習得

日本人が国際社会の中で活躍する際に下記の事項がいつも問題になります。

1.コミュニケーションへの積極性が乏しい

2.自己の意見を述べない

3.外国文化への理解が足りない

以上の事項は日本人が苦手とされていることですが、英語表現ではとても重要なことばかりです。弊社は以上の事項を日本人特有の問題ではなく、技術的な問題だと捉えています。会話表現力・英語伝達技術を高めるためのカリキュラムを作成し、その技術を養うことがHow to use Englishの第一歩だと考えます。またそれは幼児・小学校からの英会話入門学習と有機的に深いつながりを持つようになると考えます。

以上①~⑩の内容を授業内に多少でも組み込んで頂ければ、実践的コミュニケーションの育成は図られると確信いたします。

⑪授業以外のALTの活動

1.給食を教室で子供たちと一緒に食べる

2.給食後の休憩時間にはなるべく子供たちと一緒に遊ぶ

3.昼休み内でALTとのコミュニケーション(どの生徒も参加できる)時間を設ける(15分くらい)

4.廊下で子供たちと出会う場合は必ずALTから声をかける

5.放課後は子供たちの輪の中に入り、相互信頼を深める

6.英語部でのALTの参加

7.放課後の部活動にALTが参加できるALTと生徒との交わりは、教室の英語の授業以外でも様々な形でコミュニケーションをとる場があると考えます。教室内にとどまらず、上記のような形で積極的にALTが歩み寄るよう指導をしております。私どもは、ALTの役割は、学問としての英語からコミュニケーションツールとしての言語活動を提供することだと考えております。英語科担当教師とALTとが、それぞれの役割をしっかり演じることで、実り多き言語活動ができると確信しております。

教材開発
「ALTが関わるレッスンプラン」で取り上げた言語活動を行う上で、教材の開発をしております。市販のものも使う場合はありますが、市販のものをそのまま使用することが困難な場合、例えば、フラッシュカード、ピクチャーカード、発音指導、スキット(朗読)、ロールプレイ、ゲームなどのアクティビティを実施する際にはオリジナル版を作成いたします。また、オンラインによる研修プログラム―プロ教師養成講座(Teyl-JAPAN)の中から授業に見合ったコンテンツをダウンロードし、それを教材として使用しています。

恵比寿の英会話KENT
Copyright© 2013 Kent Co., Ltd. All Rights Reserved.